土田だよ!!!

よく見つけたね!

このメッセージ、なんの意味もねえぞ!!!

愛犬の写真はあっても、愛犬と自分の写真はありますか?


IMG_0587

 

今日は、1年前に撮った方の写真を見ていて、
懐かしくなったので書いていこうと思います。

 

僕の撮影の中でも一定数ある依頼が、
動物(特に愛犬)との写真を記念に残したいというもの。

 

ツチダ家でも、わんこを飼っているのですが、

 

ついつい犬の写真は撮るものの、
自分たちと犬が一緒に写ってる写真って中々ない。。

 

それってすごく寂しいなと思って、
愛犬と飼い主の写真を撮るようになりました。

 

愛犬”を”見つめる目は優しい

 

 

愛犬の前で自分がどんな風に接しているか知ってますか?

 

どんな表情をしてるか知ってますか?

 

今まで撮ってきた人たち全員に共通しているのが、
飼い主さんの愛に溢れた表情。

 

 

当たり前っちゃ当たり前なのかもしれないけど、
でも自分が犬の前でどんな顔をしてるかを知ってる人は少ない。

 

そしてその自分がどれだけ素敵かってことも。

 

 

愛犬”が”見つめる目は優しい

 

 

愛犬が飼い主に向ける目も優しい。
優しいに決まってる。

愛に溢れてるに決まってる。

 

紛れもない事実なのに、
撮影をする度にそれを確認して、ついつい頬も涙腺も緩みがち。

 

 

このゴールデンレトリーバーの子が飼い主を思いやる姿は今でもよく覚えてる。
飼い主の方が怪我をしていた時に撮ったものなんですが、
この子がゆっくり歩いていて、飼い主のスピードに合わせているように見えた。

 

その姿が綺麗で、どうやって撮ろうか空気感を壊したくないなあと思って、
近づかないように撮る場面が多くありました。

 

どんな犬も飼い主に愛情を持って目を向けていて、
それを知らないでいるのは寂しいし、
犬を(動物を)飼っている人全員に知ってほしいなあと思っちゃったりする。

 

いつ終わりが来るかなんて分からない

 

人とペットの気持ちを繋ぐ専門家@ケイコの☆人も動物も「あるがままが美しい☆」

 

人も犬もいつ死ぬか分からない。

あの時撮っておけばよかった。なんて思って欲しくなくて。

 

撮って幸せな瞬間を残しておくことで、その時に一瞬だけでも戻れるなら、
損はないなあって思います。

 

 

  • 誕生日の記念
  • 遺影写真
  • 自分(達)と愛犬との関係性を見て見たい、残したい

 

 

という方はオススメです。

 

 

 

 

愛犬(動物)との写真撮影概要

 

流れ

  • 打ち合わせ(一度お会いして僕の雰囲気とあなたの雰囲気をお互いに確認してもらう時間になります)
  • 撮影(1.5時間〜2時間程度)
  • 納品(撮影後一週間以内に、100〜200枚ほどのデータをお送りします)

値段

 

25000円(人数が変わる場合は、家族撮影と同様になるので33000円になります)

場所

基本は都内になります。
(出張可。その際は別途交通費を頂きます)

 

 

ご予約、お問い合わせはこちらからどうぞ〜。
愛犬とご自身の思い出を残していきましょう〜!

 

共感していただけた方はFacebookやTwitterでシェアとかしてくれたら、
飛び跳ねます!

ぴょんぴょんします!

撮影予約・お問い合わせ

 

それでは!

 

この記事をシェア