クローズアップレンズ〜MC CLOSEーUP NO.3〜で見える料理の世界


つちめい飯というご飯の投稿をはじめて一ヶ月ほどが経ちました。

おかげさまでもう少しでフォロワーさんも1000人に届きそうで、
ありがたすぎるしこれからも継続的に続けていきながら
食卓の仕事なんかもしたい今日この頃です。
https://www.instagram.com/tsuchimeigohan/

そんな食卓の写真ですが、
アイキャッチもこの写真もめっちゃ寄りで撮ってます。
マクロレンズで撮ったような。

でもこれ通常のNikonの85mmのレンズで撮っています。
僕が使ってるレンズは最短焦点距離(ピントが合う距離)が
1m弱あるのでここまで寄った写真は撮れません。

そこで使っているのが、
kenkoのクローズアップレンズNO3

レンズフィルターはレンズの保護の目的で使うことが多いけど
今回のは近くのものを撮影する時用のものです。

値段は4500円。
(僕のものはレンズの口径が77mmと厚いので値段が高めですが、
 薄いともっと安くなります。またカメラメーカー関係なく使えます)

マクロレンズを買うよりお得。

で、ですね。

これが料理を撮る時に大活躍するんです。
というかこれがあれば100人力。

麻婆豆腐の辛そうな質感や、

出汁巻のしその輪郭、

醤油の垂れる瞬間、

トマトのみずみずしさ。

食卓の楽しさ、エネルギーも撮っていきたいのですが
一方で料理自体も美味しそうと思われるものを作りたい。

そういう意味でも食材”そのもの”を
撮れる気がしていてこれからも重宝するんだろうなと思います。

秋刀魚にすだち絞るところ、
身をほぐしてる所なんかも撮りたい。

ちなみにクローズアップレンズは、
NOの数字が大きくなるにつれて接写距離が短くなります。
(ちなみに僕が持ってる3は20〜33cmまで寄れます)

ぐつぐつ煮えてる所とかも楽しそうですよねえええ!
ぜひ試してみてくださいーーー!

それでは!

 

この記事をシェア