土田だよ!!!

よく見つけたね!

このメッセージ、なんの意味もねえぞ!!!

今日の一枚〜ばあちゃん〜


実家に戻るとばあちゃんの手をよく撮る。
直近はあまりにシャッターを向けすぎて
むこうから手を差し出して来てくれた。

それくらいばあちゃんの手が好き。
しわしわの手なんて撮っても汚いでしょなんて
言うがこの皺ほど美しいものはない。

年月を重ねるということはそれだけで
尊いことでこの歳まで生きていてくれて
本当に良かったと思う。

死んだら楽になるのにねえ本当に!
とジョークを言ってるけど
いつまでもそれが続いたらいいなと思う。

一つのものを長く続けられないからこそ
長く続くものに憧れや尊さを感じる。

一過性ではないものに惹かれるのは
自分にはないものを求めているからなのかもしれない。

なんにしたって
美しい肌だ。

次に帰る時はまた皺が増えてるかな。

この記事をシェア