土田だよ!!!

よく見つけたね!

このメッセージ、なんの意味もねえぞ!!!

映画「100万円と苦虫女」の自分探しに対する答えが深すぎる話。


 

映画、「100万円と苦虫女」という作品をご存知ですか?

 

僕はこの作品が大好きなのですが、
今日はその中でも特にこれはいい言葉だなと
思ったものを書きます。

 

 

あらすじとしては、

蒼井優が主演。ひょんなことから
前科持ちになってしまった主人公が
実家を出て、100万円貯めたら次の街、
100万円貯めたら次の街に移り住んで行くっていう物語。

 

ざっくりしすぎですね。
あらすじだけこちらに載せておきます。

 

蒼井優が誰かに尋ねられた質問の答えが面白かったんですよね。

 

なんで100万円溜まったら出て行くんですか?と聞かれた時の答え。

 

 

質「自分探しみたいなことですか?」

 

答「いや、むしろ探したくないんです。

  どうやったって、自分の行動で

  自分は生きて行くしかないんですから。

  探さなくたって、嫌でもここにいますから」

 

 

これを見た当時、僕は大学生。
就職活動をしてて。
自分には何ができて、
何をして生きていきたいんだろうと
漠然と考えてました。

 

答えが出ないときは、
意味もなく正月に片道二時間半かけて
群馬県のみなかみの方まで行ったり。
(正月だからお店もやってなく、
 ただ歩いて川行って帰ってきた。笑)

出るはずもない答えばかり
探して満足する。

 

 

自分探しをしてる方が「楽」で。
何がしたいんだろう。ってあーだこうだ悩んでる時って、
「やってる感」があるから安心する。

 

やることが決まったらあとは
動くだけだから。

 

そして多くの人は、
本当は自分が何をやりたいか
知ってたりする。

ただそれを受け入れるのが、
怖かったり、
世間の目という自分の目を
気にしてたり。

 

 

でもだからと言ってここで言いたいのは、
「動け!」ってことでもなく。

むしろ僕はそういう回り道を繰り返したから、
今があるんじゃないかなと思うんです。

 

何か不安だからとりあえずやりたいことを「探す」。
探すだけで動かない。
考えて違うなって思ったらまた別のこと考えるみたいな。

 

回り続けることに飽きてきて、
とりあえずやるかって思って写真を仕事として始めたのかもしれないです。

 

で、続けていくとやっぱり楽しいんですよね。
自分が人と喋ったりするのが
こんなに好きだとは思わなかったし。

 

今はプロフィール写真という形ではないけど
別の形で写真に携わってる。

 

今も昔もたぶんこれからも
無駄なことはおそらくないんだろうなあと

その時々では嫌だとかこんなことして意味あるのかな?
って思うこともあるかもしれないけど。笑

 

その時はその時です。

 

自分探しも、
動かない時期があっても、
今が絶好調でも、

どんな状態でも、

そういう時期だな~って
思えたらいいな。

それでは明日から
また一週間が始まりますね。

 

気張っていきましょ~

 

つっちーでした!

 

【6月、7月の撮影空きスケジュール】

6月3週目以降、7月の空き日程について

 

この記事をシェア