土田だよ!!!

よく見つけたね!

このメッセージ、なんの意味もねえぞ!!!

【写真で見る】雨・雪の日も楽しめる過ごし方


 

雪が綺麗と笑うのは君がいい〜

 

どうもツチダです。
冬の定番カラオケソングは白い恋人たちだと思ってます。

 

さてさて、
今日めっちゃ寒かったですね、、、

家にこもって寝ていたいところでしたが、
そうも言ってられずお仕事でした。

で、どうしてもこういう日ってテンション下がるじゃないですか。
傘はかさばるし(うまい!)
靴びちゃびちゃになるし、
手はかじかむし、、

あんまりいいことない。
でも、写真映えはするんですよね。

 

 

写真ってそれまで何でもなかった景色を切り取るものだと思っていて、
それがどうしようもなく綺麗なんですよね。

 

ということで、今日は、

雨や雪の日が楽しくなる、ものの見方。
というか僕がいつもどんなところを見てテンションが上がるかを書いていこうと思います。

 

雨や雪でテンション下がる時にふらっと思い出してもらったり、
写真を撮る方は撮り方の参考にもなるかと〜。

 

それではどうぞ〜

 

◆とりあえず光のあるところに行こう

 

 

夜の雪は暗いところでは、雨と大差ない感じになってしまうけど、
例えば街灯の下に行くとこうやって光がきらきら輝いて見えます。

写真にすると細かい粒子になって写るんですが、
肉眼で見ても、綺麗に。

あと街灯の下を歩く人たちにアフレコをしたりするのも楽しいですw
雪は人の温かさだったり、逆に別れをイメージしたりするとより臨場感が出ますよね!

 

◆傘の中を見てみる

 

 

 

これは雪の日ならではなんですが、
ビニール傘とかだと、雪が張り付いてるのが中から見えるじゃないですか。

それとさっきの街灯を照らし合わせたりするんです。

そうすると、

 

めっっっっっっっっっっっっっっっっちゃ綺麗!!!!

上の写真とか、

 

 

この写真もそうですね。

 

雪の粒子と、光の入り方が最高。
もちろん肉眼で見ても綺麗。

 

何か綺麗なものを見つける時は、個人的に、
”お気に入りの光”を探すのがオススメです。

 

ああいい光だなあって思って写真を撮ったり、
ぼーっと眺めたりするとそれだけで、
雨の日も雪の日もちょっとはいい日になるはず、、!!

 

◆水滴、、、、、、最高!!!!

 

 

 

これも雨や雪の日ならではですね。
暗いところで見る水滴は最高にセクシーです。

 

エロスです。

 

 

ここでも光があると、その反射で、
水滴がきらきらと光るのでエロスの中にも輝きが足されるわけです。

 

あとは、反射というところで行くと、
雨の日や雨上がりの日には、

水たまりを見るのも楽しいです。

 

 

普通に見えてるものなのに、
水たまりによって反転してるだけで何だかそれっぽく見えてかっけーーー!ってなります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

写真は個人的に”視点”だと思っています。
その人の”好き”がそのまま現れる場所。

その”好き”を思い通りに表現できたらこれほど幸せなことはないよなあ〜って今書いてて思いました。

 

なので、その人の”好き”をそのまま思い通りに表現出来る写真レッスンを始めようと思います。(一眼でもiPhoneでも何でもいいと思うのです。)

 

教室という感じではなくて、個人レッスンで。

 

ノウハウもそうだけど、
撮るものの、見つけ方の見つけ方とか。

まずはマンツーマンで始めようかと思うので、
興味のある方はご連絡くださいませ〜。

 

明日あたりにまた新たにブログを書きますので、少々お待ちを〜。
それでは今日もお読みいただきありがとうございました!

 

 

この記事をシェア