土田だよ!!!

よく見つけたね!

このメッセージ、なんの意味もねえぞ!!!

※ネタバレあり 映画「怒り」を見てきました


こんばんは、ツチダです。

寂れた雰囲気が好きです。

dsc_6917

「君の名は」大ヒット中ですね。

 

そんな中で、別の映画を見てきました。

 

「怒り」という映画。

 

前情報なしに見たんですが、
予想以上に面白かったので、ブログに書いてます( ´ ▽ ` )ノ

 

 

ちなみに下からはネタバレがめっちゃあるんですが、
それを読んでからでも十分に楽しめると思います。

 

 

理由は後にも書きますが、
展開が面白いというよりも、人の心情に重きがあるから。

 

 

だから犯人が誰かというのはさほど重要ではないんじゃないかと僕は思っています。

 

 

 

それでは行きましょ〜!

あらすじはこんな感じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ある夫婦が惨殺された現場に「怒」の血文字を残して未解決となった事件から1年後。
犯人は「山神一也」という人物だと判明するものの、整形手術をして逃亡を続けています。

疑わしいとされるのは3人の男。千葉県・房総の田代哲也(松山ケンイチ)、沖縄の離島にいる田中信吾(森山未來)、東京都内の大西直人(綾野剛)。

それぞれの地でそれぞれの男に出会う人々の葛藤を描く群青劇です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

引用元はこちら→http://ciatr.jp/topics/112990

 

千葉、沖縄、東京の三つを舞台にしたこの作品ですが、
今回のブログでは千葉編に絞って書こうと思います。

 

そして主なポイントは2点

 

◼︎愛子の葛藤

 

◼︎父の娘に対する愛情

 

まずは千葉編の主な登場人物について。

 

田代(松山ケンイチ)
漁場のアルバイト。作中の三ヶ月前に千葉に引っ越してきた。
(そのため素性があまり知られていない)
千葉の房総に来るまで、富山、長野と色々な場所を転々とし偽名も使っていた。
それは両親が借金を抱えきれなくなり、
自殺してしまったために、田代自身に取り立てが来てしまっていたことから。

 

愛子(宮崎あおい)
新宿歌舞伎町で風俗をしていたが、父(渡辺謙)に促され千葉に帰ってきた。
ちょっと変わっているが天真爛漫で、父のことをお父ちゃん!っていうのがとても可愛い!
帰ってきてから田代と仲良くなり、付き合い同棲している。

 

愛子の父(渡辺謙)
漁場の代表?愛子の父であり、田代の上司でもある。
愛子のことを可愛いと思っている反面、変人だとも思っていて、
「だからこそこの娘は幸せになれないんじゃないか?」
とも思っている。

 

◼︎愛子の葛藤

 

田代は、偽名を使っていたことや素性があまり知られていないことから、
愛子の父から疑われ、
さらに結果的には、恋人である愛子が警察に通報してしまうんです。

でね、この時の愛子の演技が神がかっていたと僕は思っています。

 

「葛藤」

 

愛子は通報する前に田代のバッグに自分の貯金の全額40万円を忍ばせていました。

 

恋人である田代を通報してしまう自分。
信じきれなかった自分。
それと同時に田代を愛しているという自分。

 

「お父ちゃん、愛子ね40万円入れておいたんだよ。」の言葉はやりきれなさすぎて。。

 

結局、田代は犯人ではなく、
単純にこんな自分がこの街にいたら迷惑がかかる。
借金の取り立てが来てしまうということから家を出ていました。

 

正直、この表情を見るだけでもこの映画を観る価値があるんじゃないかと思います。
愛する人が殺人犯かもしれない。

 

でも愛している。でも殺人犯かもしれない。
葛藤の表情と、
最後の最後で田代の一人で抱え込んでしまう性分を包み込む愛子の優しさは、
ネタバレがあっても見てほしいなあと思います。

 

この作品は、ネタバレがあっても面白い映画だと思う。
展開自体に驚きがあるというよりかは、
人の心情に重きがあるから。

 

◼︎父の娘に対する感情

 

印象的な言葉が一つあって。
それは、愛子の友達(池脇千鶴)が、

 

愛子の父に言った言葉。

 

「愛子のことを心配してるふりして、実は愛子なんかじゃ幸せになれないって思ってるんじゃないの?」(だいたいこんな感じ)

 

父は愛子のことを変人だと思っていて。
普通の人間とでは幸せになれない。
むしろ愛子が連れてくる人は、変な奴なんじゃないだろうか。

 

と作中にあります。
父は、愛子のことを心配に思いながらも、
実は一番愛子の幸せを願っていないのは自分だ、と気付かされる(愛子の友達に)

心配と信頼は少し違くて。

人のことを「大丈夫」だと思うこと。
が信頼なのではないかと感じました。

でも面白かったなあ〜
綾野剛と妻夫木聡の絡みは、
言い方が難しいけど、綺麗ではあった!!笑

 

三者三様の感情を追ってみることと、
綾野剛と妻夫木聡を見てみるといいと思います!笑

次は「君の名は」を見ようかな〜。

それでは本日もお読みいただきありがとうございました!
よき週末を〜!

この記事をシェア