土田だよ!!!

よく見つけたね!

このメッセージ、なんの意味もねえぞ!!!

写真を撮る時代が終わってもいいと思ってる。


IMG_8905

 

※こちらは以前のアメブロのリライト版になります。
2016年の8月に書いたものです。

 

 

こんばんは、生涯を共にする写真家つっちーです。

 

 

群馬は寒いです。(予想です( ´ ▽ ` )ノ)

こちら予約投稿してます。

 

 

 

 

例えば旅行に行った時の綺麗な景色、

子供と遊んでいる時、

友人とバーベキューをしている時、

誕生日を祝っている時、

 

 

 

 

すぐにスマホを出してしまう時ってありませんか?

日常を記録するにはすごく大事なことです。

それくらい大事に思っている相手や景色と巡り合えることはいいこと。

 

 

 

 

でもだからこそ、

 

 

あなたにはその大事な時間をちゃんと感じてほしいなあって思うんです。

カメラっていうものが発展していくにつれて、

 

 

僕たちはその場所にいる人や景色。

表情や、音、匂いとか、

もっともっと自分という存在で感じられるものを、

カメラに奪われてしまってる時があると思うんです。

 

 

 

本当は見たまんまを感じてほしい。

もっとその時間を味わってほしい。

 

 

 

 

 

 

あなたは感じるのが役目。

それを残すのが写真家であればいいなと。

 

 

 

 

でね、そういう考え方が浸透していって。

感じることが文化になっていったらいいと思う。

 

 

 

そんな文化を作っていきたい。

 

 

自分を感じる時間。

(証明写真とかじゃなくて、自分を感じる、今どう思っているか、どう感じてるかを見つめる。→結果的に自分の写真が出来上がる)

 

 

好きな人と向き合う時間。

(一緒に自撮りとかするんじゃなくて、二人だけの時間を本当に本当にただただ感じる。→結果的にそれが写真になっていた。みたいな。)

 

 

家族と向き合う時間

(写真館とかで、衣装を決めて撮るとかじゃなく、あくまで日常の中で、

家族の時間を過ごしてみる。いつもいく公園とか、非日常の遊園地とかでもいいかもしれない→楽しんだ結果が写真になる。)

 

 

 

だってさ、

 

 

撮られる写真が、

七五三や、成人式、結婚式とかだけって寂しくないですか?

僕は寂しいと思う。

 

 

 

もっと人にはたくさんの感情があって。

もっと思ってることはたくさんある。

 

 

 

写真は非日常を撮るものじゃなく、

日常を撮るものでもあると思う。

 

 

 

もっと感じる時間を増やしていくお手伝いをしていきたいなあ。

 

 

 

あなたは日常を感じていますか?

 

 

 

つっちーの独り言でした( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

お付き合い頂きありがとうございました!

 

 

この記事をシェア