土田だよ!!!

よく見つけたね!

このメッセージ、なんの意味もねえぞ!!!

撮られる=今を思い出す時間


img_4442

こんばんは、生涯を共にする写真家つっちーです。

img_4442

 

今日の写真は、家の窓。
ゆらゆら揺れるものとかって何だかテンションが上がりますね。

 

この記事は、アメブロで書いたもののリライト版です。

撮影ってどんな感じ進めていくんですか?とよく聞かれるのでその辺についてちょっと書いてみました。

撮影に目的を持たせ過ぎてしまうと、かえって意図した写真が撮れなくなってしまうのです。
じゃあどうすればいいの?って話なんですが、

僕からの答えは基本的には一つです。

 

◆散歩しましょう

 

これだけです。
撮られる時間は一緒に散歩するような感覚で。
というか、撮られる方は散歩していただければ良いです。笑

 

特に何かこうしたいとか、ああしたいっていうよりも、
ただただその時間を楽しんでいただけたら良いんです。

 

◆今を写すということ

 

こんな写真を撮りたいから、こんな表情をしなきゃ。
エレガントな雰囲気にしたいから、笑顔は微笑むような感じにしようかな?

 

こういうことを考えながら撮る写真は、「未来」を写そうとする写真。
僕は、あまり好きではありません。

もちろん目的があるのは大事なのかもしれない。
でもそれで、「今」その場にいるあなたが消えてしまうのなら、
そっちの方がもっと悲しい。

 

というかどうあっても「今」しか写せないと僕は思う。

 

今ある自分を写す。

 

だからこそ、その場の時間を楽しんでほしい。

普段耳を傾けないような風の音を聞いてみても良いし。
今週の撮影会で言えば、海の音を聞いても良いかも。
東京の空は建物が多くて狭く感じるけど、豊洲とかから見ると、
案外広かったりしてびっくりする。

 

「今」ある時間を楽しんでほしい。
そんな写真を撮っていこうと思っています^ ^

 

あなたは普段、今を生きていますか?

 

未来のことにとらわれすぎてないですか?

 

今日の空は何色だったろう。

 

雨の音を聞いてる?

 

明日は晴れるかなって思うのも良いけれど、

 

雨の音に耳を傾けるのも、新しい発見があるかもしれない。

 

そんなことを思いました。

 

撮影に来てくださる方の参考になってもらえたら嬉しいです( ´ ▽ ` )ノ

それでは本日もお読みいただきありがとうございました!

 

この記事をシェア