土田だよ!!!

よく見つけたね!

このメッセージ、なんの意味もねえぞ!!!

実際どんな人がプロフィール写真を撮られに来るの?


image1

 

どうも写真家の土田です。

ちょっとブログのフォントを変えてみました。
どうでしょう?めっちゃおしゃれじゃないですか?

ツチダの中での「the 写真家」を意識してみました。

 

最近文字にはまっておりまして。
文字がかっこよかったり可愛かったりするとテンション上がりません?

俄然上がりながら書いてる今日の僕のブログは熱量が高めかもしれません。

最近のお気に入りフォントは、

白い看板に

「にこみ やきとり 大衆酒場」って書いてあるフォントが大好きです。
レモンサワー飲みてえ。。

 

ごめんなさい、ブログに入りますね。

 

 

 

今まで撮られに来た方の職業 

 

どんな人がプロフィール写真を撮られに来るの?というところで、
まずはどんな職業の方から依頼されるか、ざっくりと書いていこうと思います。

・心理カウンセラー
・ドッグトレーナー
・フラフープパフォーマー
・プロブロガー
・建築士
・主婦
・英会話講師
・学生
・美容師
・パーソナルスタイリスト

などなど。

 

カウンセラーと言えばいかりん!(碇屋圭子さんの言葉はいつも心を軽くさせてくれます)

 

どのような依頼で??

これは様々ですが、多くは個人でビジネスをする方の、
SNSのプロフィー写真、ブログやHPの写真に使われる方が多いです。

心理カウンセラーのきよみさん

下の方は動物の声を聴く仕事をされている渡辺恵子さん

プロフィール写真にその人らしさがあると、
会いたいと思ってくれる方も増えますし何より安心感があるかなと。

また最近では20代の方の写真も撮っていたり。

 

はなうた横丁を運営するプロブロガーのしみくん

 

会社に所属しながら、社内ベンチャーでシェアハウスを作る施工管理の溝端君。
(銭湯には許可を頂いて撮影しています)

 

建築士をしながら、文章も書く木津君(なんと土田の高校の同級生!!)
新しくメディアを立ち上げるそう。

(写真はトリミング前のものです)

 

またそれ以外にも主婦の方なんかも来てくださいます。
ビジネスをするでもなく、ただ写真を撮られてみたいと思ってくれる方も。

僕の写真は”目的”(こうなってほしい)というものがないということを特徴にしているので、その分様々な方が来てくれると思っています。

 

 僕が出来ること

 

上にも書いたんですが、僕の撮影では”目的”がありません。
つまり、撮影をしたからどう変わるとか、どうなるっていうものがなく。

ただ写真を撮られることで、何か気付くことがあるかもしれないし、
何も感じないかもしれない。

そこをコントロールすることが出来ないし、したくないと考えていて。

感想として、

自分を好きになったとか、
眼鏡からコンタクトになって皆から可愛いと言われるようになったとか、

そういった言葉を頂くことがあるのですが、
僕はそれを意図して行ったわけではなくて。

ただ広い公園で、
ゆっくりその人がその人自身と話しているところを撮るのが僕の撮影スタイルです。

 

普段は、

本当に人の話聞いてんの?
適当だよね!

 

とか言われる僕ですが笑

撮影でも基本的に人の話を肯定もしないし、否定もしません。
あんまり興味がないってのもあります。笑

興味があるのはその人が心を込めて話してたり、感情が動いてるのを僕が感じたときです。
ただ感情が動いた時に撮るだけ。

 

だから僕が思うあなたのいいと思ったところと、
あなたがいいと思うあなたはちょっと違うはずで。

そういう違いをお届けできるかもしれません。

ファッションコーディネーターの人とかいるじゃないですか?

なんでコーディネーターに選んでもらうかって、
自分が知らない自分の可能性を引き出してもらうためで。

つまり写真もそうだと思うんです。

自分が知らない自分のいい表情を見つけることもできたりします。

 

つまりは写真ってそういうものです。

だから撮影を依頼してくださる方は、

ぜひ自分が選ぶあなたと、僕が選ぶあなたを楽しんでいただけたらと。

撮影予約は以下から。

撮影予約・お問い合わせ

いかがでしたでしょうか?

 

今日はどんな人がプロフィール写真を撮られに来るかでした。
今度はカップルのも書いてみようかな。

それでは本日もお読みいただきありがとうございました!

 

 

この記事をシェア