土田だよ!!!

よく見つけたね!

このメッセージ、なんの意味もねえぞ!!!

退職するのに、いい理由も悪い理由もない。


DSC_9096

 

大学の後輩とご飯を食べたんですが、
やりたいことがないから、まだ会社を辞めないみたいな話をしてたんですね。

 

僕はむしろ辞めたから、やりたいことが見つかったわけで。
今日はそんなことを書いてみようかなと。

 

会社を辞めたいけど、理由ないしな〜とか、
先行きが見えないしな〜って人が読んでくれたら。

 

やりたいことがあるから辞める=おお〜!!
やりたいことがないから辞める=大丈夫?

 

 

 

僕は、会社を辞めた時はどうしても嫌で嫌で。
何が嫌かもよく分からないまま辞めてしまったんですが。

 

それでも辞めたことを後悔したことはないんですね。

 

やりたいことがあったからとか大層な理由なんてなくて。
ただの逃げでした。

 

退社した一週間後に大学の友達と飲みに行くことがあって、
こんなに早く、耐えられなくなって(三ヶ月)辞めてしまって恥ずかしい思いでいっぱいで。

うちの会社私服だから〜って言って嘘ついて飲んでました。
この時の帰り道のやるせなさといったら、、、!!!

 

相談できたらよかったんですが、
何か強がってしまったんですよね。

 

 

今は人物の写真を撮ったりしてるわけですが、

 

当時は

”逃げる”こと。

”やりたいことがないのに辞めてしまうこと”

”ただ嫌だから辞めること”

 

を恥ずかしく思って、なんてダメなやつなんだろうと自分を責めてました。

Facebookを見ても、ネガティブ(と言われる)な退社理由を書く人は周りにほとんどいなくて、
やりたいことがあるから辞めます。
こんなことしたくて〜!

 

っていうものは多い。

 

辞めた後の生活のことや、
その人の人生の責任は取れないから、嫌なら辞めちゃいなよ!と簡単に言えないけど、

それでももっと色々な退社理由が、世の中に出て行ってもいいなあって。

 

 

辞めたから気づいたこともたくさんある。

僕と母さんの話

 

 

余白が生まれたからやりたいことが出てきた

 

会社にいながら、自分はこれがやりたいんだ〜ってものが見つかる人もいる。
そうじゃない人もいる。

 

”休む”ことがやりたいことの人もいるし、
”休まないで頑張ること”が本当にやりたかったことかもしれない。

 

ただ僕の場合は、会社を辞めてなんか面白いことないかな〜って思ってた時に、
たまたま家電量販店に行ってカメラを触って。

 

その時のシャッター音が気持ちよくて、今に至ります。

 

NIKONのシャッター音ってめっちゃ気持ちいいんですよね!!
カシャ!って音が体にめっちゃ伝わってくる!!

 

会社にいた時は、そんな心の余裕なんてなくて、
カメラ触っても、音の良さなんて気付かないし写真が撮れればおっけーみたいな。

 

余白って意識して自分で作るもので。
作ろうとしないとついつい予定を埋めちゃう。

 

 

でも本当に大切なものってそんなに多くないわけで。

 

意識して余白を作っても余るくらいの方がいいんじゃないかと思ったりするのです。

 

 

写真なんて焦っても撮れないし、
特に人の写真撮る時なんて、自分の心情がモロに出ちゃう。

 

だからこそ、自分が一番余白を持つことが大事だなあって。

 

 

焦ってたら笑えない。

 

自分が笑ってないと笑ってる写真なんて撮れない。
自分が感動してないと感動させる写真なんて撮れない。

これはどんなことにも共通していると思ってて、
自分がどういう心持ちかで表現される世界が変わるんじゃないかなと。

 

むっちゃカメラ目線w

 

やりたいことがあってもなくても、
そこに良い悪いなんて存在しないのかな〜と思いました。

 

 

明日は東京の御嶽にある古民家morigoyaに障子の張替えに行ってきます!
御嶽は東京の端っこで山ばかりらしいので写真撮ってこようかと!

 

それでは〜!

 

フォトレッスンはこちらから〜。

フォトレッスンを始めます。

 

プロフィール写真はこちら〜。

プロフィール写真=「自分を知る時間」

 

 

この記事をシェア