土田だよ!!!

よく見つけたね!

このメッセージ、なんの意味もねえぞ!!!

今日の一枚〜人の家に上がる感覚〜


先月スイスに行ってきた。
4000m級の山の近くにも鉄道で行けちゃう鉄道魂?
なのか分からないけどとにかく山が近かった。

で、当たり前だけど何泊もするわけでホテルに泊まるんだけど
ヨーロッパは靴を玄関で脱がないじゃないですか。

なんというかどこで足休めたらいいん?
ってなるんですけど、

玄関を”上がる”は日本の感覚なんだなあと。
そこから家が始まる。靴を脱いだ瞬間に公共の空間からプライベートに入る感じ。

でもスイス行った時、もちろん一週間ほどの滞在だから
住むというより旅行なんだけど

それでも”どこからが家なのか”が分かりづらかったんですよね。

微妙に繋がっている感じ?

うまく言語化できないんだけど
この構造?文化?の違いも住み方に影響してると思ってて。

シェアハウスやホステルが海外では割と一般的なのは
公共とプライベートの感覚が薄かったりするのかなあと。

逆に日本でシェアハウス等が流行り出したのは
何か理由があるのかと考える今日でした。

それでは!

この記事をシェア